Adjustキャンペーンウィザードを使うと、AdjustダッシュボードでトラッカーURLを作成しカスタマイズすることができます。独自チャンネルへのトラッキングのためにURLを作成する場合も、広告ネットワークの運用にも、キャンペーンウィザードを使ってレポートするデータを自在にカスタマイズしユーザーのエンゲージメントを設計できます。Adjustキャンペーンウィザードを使うと次のことができます。

  • Adjustの4段階の階層で、上位レベルから最下位のサブレベルまでキャンペーンを構築
  • ディープリンクを追加してユーザーをアプリ内の特定のページへ誘導
  • リダイレクトまたはフォールバックURLを指定してユーザーをWebページへ替わりに誘導
  • トラッカーごとにアドグループレベルまでアトリビューション設定し、ユーザーがいつどのようにアトリビュート、リアトリビュートされるかを定義
  • 広告費用データをサポートしているネットワークについて広告費用のトラッキングをすぐに開始

Adjustキャンペーンウィザードはキャンペーンを自在に運用するための精密なコントロールを可能にします。

注意: いくつかの機能は現在お使いのAdjust料金プランではご利用いただけない場合があります。詳しくは下記の通りです。

  • 広告費用に関する機能はビジネスプロ以上のプランをお使いのお客様にご利用いただけます
  • トラッカーレベルのアトリビューション設定はエンタープライズ以上のプランをお使いのお客様にご利用いただけます

1Adjustキャンペーンウィザードを使ったトラッカーURLの作成

多機能なトラッカーURLの構築や最上位レベルのトラッカーURLのクイック作成にキャンペーンウィザードをご利用ください。デフォルトでは、最上位レベルのトラッカーは次のように設定されています。

  • 対応するストア内のアプリのページへのみリダイレクトします
  • サブレベルのデータは含みません
  • アプリのアトリビューション設定が適用されます

クイック作成を使った最上位レベルのトラッカーURLの生成方法

  1. アプリ設定 > (データ管理) トラッカーURL へ進んでください。 Selecting trackers
  2. モジュール最下部の 新規トラッカーURL をクリックしてください。 Selecting NEW TRACKER
  3. トラッカー名を入力してください。 Naming tracker
  4. クイック作成 をクリックしてください。 Selecting QUICK CREATE

この手順では最上位レベルのトラッカーのみ作成可能です。サブレベルのトラッカーを生成するには以下の2つの方法があります。

  • 作成時にカスタマイズのオプションを使う (手順は下記をご覧ください)
  • 既存のトラッカーに対して、アプリ設定 > (データ管理) トラッカー と進み、トラッカーを選択して次のサブレベルへ移動、新規トラッカー を選択

カスタムトラッカーURLの生成手順

  1. アプリ設定 > (データ管理) トラッカーURL へ進んでください。 Selecting trackers
  2. モジュール最下部の 新規トラッカーURL をクリックしてください。 Selecting NEW TRACKER
  3. トラッカー名を入力してください。 Naming tracker
  4. 広告ネットワークと連携するには、ネットワーク をクリックしてドロップダウンメニューからネットワークを選択してください。 Selecting network
  5. URLカスタマイズをクリックしてください。 Selecting CUSTOMIZE
  6. 広告費用データを含めて適宜設定を行ってください。詳しくはトラッカー設定のカスタマイズをご参照ください。
  7. カスタマイズが済んだら、作成 をクリックしてください。 Selecting CREATE
  8. クリックとインプレッションのトラッカーURLを含む概要が表示されます。
    • 右端のクリップボードのアイコンをクリックしてURLをクリップボードにコピーしてください。
    • カスタマイズ画面に戻るには 編集 をクリックしてください。
    • トラッカーリストに戻るには 完了 をクリックしてください。 Tracker overview

2トラッカーとネットワークの連携

トラッカーをネットワークに連携すると、ネットワークの推奨するキャンペーン構造、マクロ、必須パラメータがトラッカーURLに自動的に適用されます。ネットワークによっては追加情報にポストバックURLが含まれており、Adjustからアトリビューション情報を直接受け取ることが可能となります。

トラッカーURLとネットワークの連携は、上記の通りキャンペーンウィザードの初期設定の段階で行うことができます。または、下記の方法で行うことができます。

  1. アプリ設定 > (データ管理) トラッカーURL へ進んでください。 Selecting trackers
  2. トラッカーの横にあるギアのマークの設定アイコンをクリックしてください。 Selecting settings icon
  3. 編集 をクリックしてください。 Selecting EDIT
  4. のドロップダウンリストからネットワークを選択してください。 Selecting network
  5. 保存 をクリックしてください。 Selecting SAVE

トラッカーURLを連携すると、動的値をサポートするキャンペーンマクロが適用されます。これらの値が変わるたびに、新しいサブレベルがクリック時に自動的に生成されます。自身にアトリビュートするネットワークと連携しているトラッカーについては、キャンペーンの運用が開始されキャンペーンマクロが格納されるまではサブレベルのトラッカーのアトリビューション設定を変更することはできません。これらのトラッカーについては、キャンペーンデータポイントのカスタマイズもできません。

2.1代理店のスペシャルリンクの連携

キャンペーンレベル(最初のサブレベル)でトラッカーのネットワークタイプを区別したい場合、最上位レベルのトラッカーURLがネットワークに連携されていないことを確認してください。代わりにキャンペーンレベルのトラッカーを以下のように各ネットワークに連携してください。

  1. 上述のように、最上位レベルのトラッカーを生成してください。ネットワークとの連携はステップ4で行いますので,ここでは行いません。
  2. トラッカーリストに戻り、生成した最上位レベルのトラッカーを選択してください。 Selecting top-level tracker
  3. モジュール最下部の新規トラッカーURLをクリックしてください。 Creating new campaign-level tracker
  4. トラッカー名を入力し、 ネットワーク ドロップダウンメニューからネットワークを選択してください。 Selecting a network
  5. トラッカーを適宜カスタマイズしてください。

3広告費用トラッキングの有効化

Adjustは様々なパートナーに広告費用をトラッキングします。キャンペーンウィザードを使ってトラッカーURLに費用マクロを適用し、Adjustでの広告費用レポートを有効化してください。

注意:

  • キャンペーンウィザードでは、サポートしているすべてのパートナーは適用できるサブレベルに$を表示します。
  • 光っている$のマークは、広告費用トラッキングが有効化されていることを示します。
  • グレーの$は、広告費用トラッキングが利用可能であるもののそのトラッカーURLに対してまだ有効化されていないことを示します。

トラッカーURLへの広告費用データの有効化は、上記の通りキャンペーンウィザードの初期設定の段階で行うことができます。または、既存のトラッカーに対しては下記の方法で行うことができます。

  1. アプリ設定 > (データ管理) トラッカー へ進んでください。 Selecting trackers 2.広告費用データをサポートしているトラッカーの横にあるギアのマークの設定アイコンをクリックしてください。 Selecting settings for ad-spend-supporting tracker
  2. 広告費用のマークの横の コスト・マクロをトラッカーURLへ適用 を選択してください。 Enabling ad spend data

設定すると、トラッカーが更新されたことを示す確認が表示されます。更新したリンクをパートナーと共有してください。

3.1広告費用トラッキングの無効化

手順

  1. アプリ設定 > (データ管理) トラッカー へ進んでください。 Selecting trackers
  2. 広告費用データが有効化されているトラッカーの横にあるギアのマークの設定アイコンをクリックしてください。 Selecting a tracker with ad spend data enabled
  3. 編集 を選択してください。 Selecting EDIT
  4. 追加パラメーターを選択してください。
  5. コスト・データのトラッキング のスイッチをOFFにしてください。 Disabling ad spend data
  6. 適用を選択してください。
  7. 保存を選択してください。 Saving with ad spend data disabled

4トラッカー設定のカスタマイズ

すべてのAdjustのトラッカーは修正することができ、キャンペーン情報の反映やカスタムデータの送信、デバイスタイプに基づいたユーザーのリダイレクトが可能です。

新規トラッカーをカスタマイズするには、キャンペーンウィザードの初期設定の段階でカスタマイズを選択してください。

既存トラッカーをカスタマイズするには、既存トラッカーの横にあるギアマークの設定アイコンをクリックして編集を選択してください。

すべてのトラッカーは以下の設定を変更することができます。

  • キャンペーン構造
  • トラッカー機能
  • アトリビューション設定

4.1キャンペーン構造

Adjustのキャンペーン構造パラメータは、サブトラッカーを介してユーザーセグメントを作るためにAdjustトラッカーURLに追加するラベルのセットです。UTMパラメータのデスクトップウェブ空間での使われ方と似ています。この設定はネットワークレベルとキャンペーンレベルのトラッカーに対して利用できます。

作成する書くサブレベルに名称を入力してください。キャンペーンパラメータは最上位レベルのトラッカーURLに追加され、サブレベルのトラッカーは最上位レベルのトラッカーの設定を用いて自動的に生成されます。

注意: Adjustキャンペーン構造の値が付与されていないトラッカーURLについては、Adjustダッシュボードとエクスポートされるレポート上では‘unknown’が表示されます。

4.2トラッカー機能

トラッカー機能を使うとカスタムクリックデータの送信やクリック時のユーザーのリダイレクトを定義することができます。この設定はネットワークレベルとキャンペーンレベルのトラッカーに対して利用できます。Adjustトラッカー機能には以下の種類があります。

  • ラベル
  • ディープリンク
  • リダイレクト
  • フォールバック - 広告費用
ラベル

ラベルプレースホルダはAdjustのプレースホルダ外のカスタムデータポイントの送信に便利です。ここに値を入力し、コールバックURLに{label}プレースホルダを追加すると、コールバックとともに値を受信できます。詳しくはクリックラベルを使ったアトリビューションを介してのデータ送信をご覧ください。

ラベルパラメータに含まれるすべてのデータはコールバックを介してのみ利用できます。Adjustダッシュボード内には表示されません。

ディープリンク

ディープリンクURLはAdjustのデフォルトのアプリストアへのリダイレクトを上書きし、ユーザーをアプリ内の特定のページへ直接誘導します。このパラメータはトラッカーURLに付加されている他のすべてのトラッカーより優先されます。詳しくはディープリンクガイドをご参照ください。

リダイレクト

リダイレクトパラメータはAdjustデフォルトのアプリストアへのリダイレクトを上書きし、ユーザーを指定のURLへ遷移させます。このパラメータはディープリンク以外の他のすべてのトラッカーより優先されます。リダイレクトはすべてのユーザーのクリックへ共通して設定することもでき、またはプラットフォームごとに設定することもできます。

すべてのモバイルプラットフォームへ共通してリダイレクトを設定するには、リダイレクト欄に適切なURLを入力してください。設定されると、すべてのクリックはプラットフォームに関係なく共通のリダイレクト先へ誘導されます。

iOS、Android、Windows Phone、Windowsの各プラットフォーム別にリダイレクトを設定するには、プラットフォーム別のリダイレクトにチェックを入れ、対応する欄にプラットフォーム別のURLを入力してください。未入力の場合、Adjustのデフォルトのリダイレクト先が適用されます。

フォールバック

フォールバックURLはプラットフォーム外のクリックが関連するランディングページへ確実にリダイレクトされるようにします。クエリ文字列に付与された時、ユーザーのOSがトラッカーURLに指定されたアプリストアをサポートしていない場合のみ、フォールバックパラメータはユーザーを特定のURLにリダイレクトします。

4.3広告費用

広告費用トラッキングにサポートされているネットワークを選択されている場合、広告費用のスイッチがモジュールの下部に表示されます。このスイッチをON にして、広告費用マクロをトラッカーURLに適用させてください。 広告費用トラッキングについて詳しくはこちらをご参照ください.

4.4アトリビューション設定

アトリビューション設定では、エンゲージメントがAdjustにトラッキングされているソースにアトリビュートされることのできる時間を定義します。アトリビューション設定はデバイスマッチングのクリック、フィンガープリントに基づくクリック、インプレッション、リアトリビューションに対して変更できます。各エンゲージメントに対する設定はマッチタイプの精度とビジネスロジックによって異なります。

アトリビューション設定は以下の各トラッカーレベルについて変更できます。

  • ネットワーク (最上位レベル)
  • キャンペーン (サブレベル 1)
  • アドグループ (サブレベル 2)

トラッカーをカスタム設定していない場合は、親レベルのトラッカーから設定が引き継がれます。親レベルでもカスタム設定を行っていない場合は、アプリレベルの設定が使われます。

以下のマッチタイプに対してアトリビューション設定をカスタマイズできます。

  • クリックベース
    • デバイスマッチング
    • フィンガープリント
    • リアトリビューション
  • ビューベース
    • インプレッション
デバイスマッチング

デバイスマッチングはAdjustの最も基本的なアトリビューションメソッドです。Adjustは常にユーザーのエンゲージメントをユニークデバイスIDを介してアトリビュートしようとします。Adjustはデバイスマッチングを使って、主に広告パートナーから提供されるデバイスIDを記録されたクリックから収集し、インストールをアトリビュートします。デバイスマッチングは100%の精度を持ち、最も信頼性の高いインストールのアトリビューションです。

エンゲージメントタイプ
クリック
有効IDタイプ
承認されたデバイスIDタイプのリスト
Google Playストアのリファラ
アトリビューションウィンドウ設定
最小: 1 日
最大: 30 日
推奨 (デフォルト): 7 日
デバイスのフィンガープリント

デバイスのフィンガープリントはアトリビューションのフォールバックメソッドです。Adjustはフィンガープリントを使って、IPアドレス、ユーザーエージェント、デバイス名などのユニークな特性を記録されたクリックから収集し、インストールをアトリビュートします。Adjustのフィンガープリントによるアトリビューション技術は、頻繁に変わりやすいデバイスの特性を利用しているので、期間が長くなると効率が下がります。

エンゲージメントタイプ
クリック
有効IDタイプ
N/A
アトリビューションウィンドウ設定
最小: 1 時間
最大: 24 時間
推奨 (デフォルト): 6 時間
リアトリビューション

リアトリビューションは、Adjustにトラッキングされているユーザーがモバイルアトリビューションの新しいソースに割り当てられた時に起こります。Adjustはデバイスマッチングを介してユーザーをクリックに基づくエンゲージメントにリアトリビュートします。Adjustはリアトリビューションにデバイスのフィンガープリントを使うことはありません。

Adjustでユーザーがリアトリビュートされるには、次の条件を満たす必要があります。

  1. 非アクティブ期間として定義される一定期間、非アクティブになる
  2. Adjustのトラッキングソースをクリックする
  3. リアトリビューションウィンドウの期間内にアプリを開く(セッションを起こす)
  • 非アクティブ期間

非アクティブ期間は、ユーザーがリアトリビューション可能になるまでにアプリにアクセスしない必要のある期間を定義します。非アクティブ期間は連続日数で定義されます。非アクティブ期間が7日間に設定されている場合、ユーザーがAdjustでリアトリビュートされるためにはユーザーは7日間アプリを開いてはいけない事になります。

非アクティブ期間を0に設定すると、ユーザーは1回のアプリのセッション内でリアトリビュートされ得ます。アプリのセッションはユーザーが非アクティブでいた期間によっても定義されます。ユーザーがAdjustで新しいセッションを起こすためには、最低30分間非アクティブである必要があります。

非アクティブ期間の設定
最小: 0 日
最大: 365 日
推奨: 7 日
  • リアトリビューションウィンドウ

リアトリビューションウィンドウは、Adjustにトラッキングされるエンゲージメントがリアトリビューションのソースとしてみなされるために必要な期間を定義します。リアトリビューションウィンドウは連続日数で定義されます。アトリビューションウィンドウを60日に設定した状態でユーザーが広告をクリックした場合、そのユーザーは2か月以内にアプリを開けばAdjustでリアトリビュートされることができます。

エンゲージメントタイプ
クリック
有効IDタイプ
承認されたデバイスIDタイプのリスト
リアトリビューションウィンドウ設定
最小: 1 日
最大: 365 日
推奨: 7 日
インプレッション

インプレッション設定を操作し、ユーザーが広告を見たあとアトリビュートされることのできる期間を定義してください。Adjustはインプレッションに基づくアトリビューションよりもクリックに基づくアトリビューションを常に優先します。クリックデータが利用できない場合のみ、インプレッションに基づくアトリビューションを行います。

インプレッションはデバイスマッチングを用いてのみアトリビュートされます。

エンゲージメントタイプ
インプレッション
有効IDタイプ
承認されたデバイスIDタイプのリスト
アトリビューションウィンドウ設定
最小: 1 時間
最大: 24 時間
推奨 (デフォルト): 24 時間

5トラッカーのメンテナンス

永久にもしくは一時的に活用していないトラッカーをアーカイブすることにより、トラッカーリストを簡素な状態に保ってください。アーカイブしたトラッカーはいつでも復元できます。トラッカーはアーカイブされていても、ユーザーを通常通りに誘導し、トラッカーが送信するデータもダッシュボード上に表示されます。トラッカーリストが整理されるだけです。

6トラッカーのアーカイブ

トラッカーのアーカイブは永久なものではなく、Adjustのシステムからはトラッカーは削除されません。アーカイブされたトラッカーはサーバー側ではアトリビューションに使われ続け、関連するデータはダッシュボードに表示されます。

アーカイブされたトラッカーを表示するには、トラッカーリストの上部にあるアーカイブされたトラッカーを表示にチェックを入れてください。アーカイブされたトラッカーがリスト内にグレーれ表示されます。

手順

  1. アプリ設定 > (データ管理) トラッカーURL と進んでください。 Selecting trackers
  2. アーカイブしたいトラッカーの横にあるギアマークの設定アイコンをクリックしてください。 Selecting a tracker
  3. 編集をクリックしてください。 Selecting EDIT
  4. トラッカーをアーカイブするを選択してください。 Selecting ARCHIVE TRACKER
  5. 非表示をクリックしてください。 Confirming archive
  6. キャンセル をクリックしてトラッカーリストへ戻ってください。 Selecting CANCEL

6.1トラッカーの復元

手順

  1. アプリ設定 > (データ管理) トラッカーURL と進んでください。 Selecting trackers
  2. アーカイブされたトラッカーを表示にチェックを入れてください。 Showing archived trackers
  3. 復元したいトラッカーの横にあるギアマークの設定アイコンをクリックしてください。 Selecting the settings for an archived tracker
  4. 編集を選択してください。 Opening the settings on an archived tracker
  5. トラッカーの復元をクリックしてください。 Restoring an archived tracker
  6. キャンセル をクリックしてトラッカーリストへ戻ってください。 Selecting CANCEL

これでトラッカーは元通りにトラッカーリストに表示されます。

6.2トラッカーに対するブラックリスト機能

Adjustのブラックリスト機能 (blacklist tracker API)を利用すると、不正なソースに設定されたキャンペーンをブロックすることができます。トラッカーをブラックリストに登録することにより、Adjustはエンゲージメント(クリックやインプレッションなど)をそのトラッカーにアトリビュートしなくなります。また、トラッカーがブラックリストに登録されると、その変更は既存のアトリビューションにも適用されます。つまり、ユーザーのアプリ内セッションやイベントは、有効なトラッカーにリアトリビュートされるまで、ブラックリストに登録されたトラッカーURLに属します。

キャンペーンウィザードで、ブラックリストに登録されたトラッカーの横にある、ギアのマークの設定アイコンをクリックすると、そのトラッカーは「BLACKLISTED」と表示されます。編集「EDIT」をクリックして唯一できるのは、トラッカーのアーカイブ設定です。トラッカーをアーカイブすると、トラッカーURLのリスト上で非表示になります。アーカイブ設定はいつでも非アーカイブ化することができます。

また、Adjustのブラックリスト機能 (blacklist tracker API)を利用して、ブラックリストに設定されたトラッカーを解除することもできます。一旦ブラックリストの設定を解除すると、トラッキングが再開されます。Adjustキャンペーンウィザードでも、トラッカー設定を変更することができるようになります。この解除設定は直ぐに有効となりますが、過去のアトリビューションデータに遡っては適用されません。ブラックリスト登録の解除がされた時刻より後のエンゲージメントだけが、アトリビューションファネルに計上されます。