アプリの継続率のインサイトを向上させるには、Adjustのアプリアンストール/再インストールトラッキングを使用します。ユーザーがいつデバイスからアプリをアンインストール/再インストールしたかを把握することによって、ネットワークパートナーのパフォーマンスを正確に評価し、解約を把握してアプリのライフサイクルを評価できます。

必要条件

  • アンインストール/再インストールトラッキングパッケージの購入。詳細はsales@adjust.comにお問い合わせください。
  • iOS: Adjust SDKバージョン4.12.3以上(4.12.3 or above)
  • Android: Adjust SDKバージョン4.12以上(4.12 or above)
  • プッシュ通知を送信するように設定されたアプリ(Adjustでは、アプリがインストールされるかどうかを判断する際にこの通知を使用します)。iOS(iOS)とAndroid(Android)の実行ガイドラインを参照してください。

注意事項: 再インストールはAdjustではアプリ内イベントとみなされ、リアトリビューションは自動的には行われません。こうした違いの詳細はよくある質問(FAQs)で説明されています。

1Android上でアンインストール/再インストールトラッキングを実行してください

Adjustのアプリアンインストール/再インストールトラッキングでは、アプリがデバイスにインストールされたかどうかを判断する際にサイレントプッシュ通知(silent push notifications)を使用します。アンインストール/再インストールトラッキングをアプリに設定する開発者向けの手順書は以下にあります。Firebase Cloud Messagingを使用してアプリやAdjust SDKにプッシュ通知をすでに設定している場合は、FCMサーバーキーの確認方法(how to find your FCM server key)までスキップできます。

注意事項: Firebase Cloud Messaging (FCM) 経由でアプリにプッシュ通知を設定する必要があります。Google Cloud Messaging (GCM) には対応していません。

1.1Android開発者向け手順書

必要条件

FCMサーバーキーの確認方法

Firebaseコンソール内

  1. 設定 (歯車) アイコン > プロジェクト設定 を選択します
  2. クラウドメッセージングを選択します
  3. サーバーキートークンを確認します
FCMサーバーキーをAdjust管理画面に追加する方法

Adjust管理画面内

  1. アプリに移動して、アプリオプションのカレット (^) を選択します
  2. すべての設定 > プラットフォーム を選択します
  3. Firebase Cloud Messaging (アプリIDの下にあります) を選択します
  4. FCMキーをFCMキーフィールドに入力/コピーします
  5. 保存を選択します

2iOS上でアンインストール/再インストールトラッキングを実行してください

Adjustのアプリアンインストール/再インストールトラッキングでは、アプリがデバイスにインストールされたかどうかを判断する際にサイレントプッシュ通知(silent push notifications)を使用します。iOS上でプッシュ通知をアプリに設定する開発者向けの手順書は以下にあります。

2.1iOS開発者向け手順書

Adjustのアプリアンインストール/再インストールトラッキングでは、アプリがデバイスにインストールされたかどうかを判断する際にプッシュ通知を使用します。iOS上でプッシュ通知をアプリに設定する開発者向けの手順書は以下にあります。

必要条件

  • アプリ内の連携:
  • Xcode内:
    • バックグラウンドモードの機能を設定すれば、以下の機能を有効にできます:
      • バックグラウンドでのフェッチ
      • リモート通知
  • iOSプッシュサービス証明書:
    • アプリのApple開発者ポータルにアクセスできる人なら誰でも、ダッシュボードの証明書、識別子、プロフィールセクションからこの証明書をダウンロードできます。
    • このファイルはP12としてエクスポートして、アプリのプラットフォーム設定 (下記参照) で (関連パスワードと共に) Adjustへアップロードする必要があります。これによりアプリでプッシュ通知を使用する権限が付与されます。
  • バンドルID
    • アプリのプラットフォーム設定に入力済み
iOSプッシュサービス証明書のエクスポート方法

Keychain Accessアプリ内

  1. 証明書カテゴリを選択します
  2. 関連するAppleプッシュサービス証明書を右クリックします; 秘密鍵やその他の証明書は含めないでください
  3. “Appleプッシュサービス: your.bundle.id”をエクスポートを選択します
  4. エクスポートに名前を付け、ファイルフォーマットドロップダウンメニューから個人情報の交換 (.p12)を選択して保存を選択します
  5. オプション: パスワードを入力します。パスワードを入力した場合、Adjust管理画面 Dashboardにこのファイルをアップロードするときに、パスワードを入力する必要があります。
  6. OKを選択します
iOSプッシュサービス証明書をAdjustアカウントにアップロードする方法

Adjust管理画面内

  1. アプリに移動して、アプリオプションのカレット (^) を選択します
  2. すべての設定 > プラットフォーム を選択します
  3. APNを選択します
  4. 証明書のファイルを選択を選択します
  5. 証明書ファイルを特定して開くを選択します
  6. 証明書を作成したときにパスワードを入力した場合は、パスワードフィールドにパスワードを入力します
  7. 保存を選択します
iOSプッシュサービス証明書の更新方法

プッシュサービス証明書の有効期間は作成後1年間です。アンインストール/再インストールのトラッキングを中断させないためには、有効期限が切れる前に必ず証明書を更新する必要があります。証明書の有効期限が切れる2週間前にお客様にメールを送信します。このメールを受信したら以下の手順を行ってください。

手順書

Apple開発者ポータル内

  1. ホーム画面の右上のアカウントAccountを選択します
  2. 証明書、識別子、プロフィールを選択します
  3. 画面右上のプラス (+) アイコンを選択します
  4. ProductionにあるAppleプッシュ通知サービスSSL (Sanbox &Production)にチェックを入れます
  5. 続けるを選択します
  6. アプリIDドロップダウンメニューからアプリIDを選択します
  7. 続けるを選択します
  8. 手順書に従ってCSRファイルを作成します
  9. 続けるを選択します
  10. ファイルを選択ボタンを選択して、新しく作成されたCSRファイルをアップロードします
  11. 続けるを選択します
  12. ダウンロードを選択します
  13. ダウンロードリストまたはフォルダから新しくダウンロードした証明書ファイルを開いてKeychain Accessに追加します
  14. 手順書に従ってiOSプッシュサービス証明書をAdjustアカウントにアップロード(upload your iOS push services certificate to your Adjust account)を実行します
  15. 左側メニューの識別子ヘッダーにあるアプリIDを選択します
  16. アプリを選択します
  17. 編集を選択します
  18. プッシュ通知で、古い Production SSL証明書 (現在の日付に最も近い期限の証明書) のそばにある破棄を選択します
  19. ダイアログで破棄を選択します

3よくある質問

3.1Adjustでは、いつ私のアプリがアンインストールされたことを認識しますか?

Adjust SDKでは固有のデバイスごとの各アプリのプッシュトークンを記録します。アプリがインストールされると、プッシュトークンを使用してAppleプッシュ通知サービス (APN) またはFirebase経由でサイレント通知をアプリにプッシュします。APNまたはFirebase経由で受信したレスポンスは、デバイス上でアプリが使用できなくなり、その結果アプリがアンインストールされたことを当社に通知します。

Firebase (Android向け) およびAPN (iOS向け) のレスポンスはUTCベースで毎日処理/更新されます。ダッシュボードのすべてのデータでは、使用可能な最も関連性の高いデータセットが反映されます。

3.2サイレントプッシュ通知とは

標準的なプッシュ通知は特定アプリのユーザーにメッセージを送信するために使用しますが、サイレントプッシュ通知はアプリそのものにメッセージを送信するために使用します。サイレントプッシュ通知を使用すると、アプリは、ユーザーに情報を表示することなく、バックグラウンドで情報を受信して処理を行います。

ユーザーはアプリからプッシュ通知を無効にできますが、無効後も当社はサイレントプッシュ通知を送信できます。

3.3Adjustではどのようにしてプッシュトークンやサイレントプッシュ通知を管理しますか?

プッシュトークンはApple (APN) やGoogle (Firebase) で作成され、デバイスレベルでアプリに割り当てられます。すべてのプッシュトークンは、お使いのアプリやアプリがインストールされた特定のデバイス内で一意となります。Adjust SDKではプッシュトークンを収集してデータベースのストレージに伝送します。

サイレントプッシュ通知はAdjustのサーバーで生成され、関連性の高いプッシュ通知サービスを介してアプリに送信されます。

iOSでは、次のペイロードをAPNs経由で送信します。

{ "aps" :{ "content-available" : "1" }, "adjust_purpose" : "uninstall detection" }

Androidでは次のペイロードをFCMに送信し、お使いのアプリに送信されます。

{ "to" : "pushToken" , "data" :{ "adjust_purpose" : "uninstall detection" }}

3.4Adjustからサイレントプッシュ通知を私のアプリに送信する頻度はどれくらいですか?

Adjustでは、UTCベースで、歴日を基準として1日に1回サイレントプッシュ通知を送信します。

3.5アンインストール/再インストールトラッキングのデータはダッシュボードにどのように表示されますか?

成果物ビューに、アンインストール/再インストールトラッキングに関連する4つのKPIが表示されます。

  • アンインストール数: アンインストールの総数
  • 再インストール数: 再インストールの総数
  • リアトリビューション再インストール数: リアトリビューションも行われた再インストール総数
  • アンインストール (コホート): 選択した時間枠内にアプリをインストールしたユーザーのアンインストール総数

コホートビューに、アンインストール/再インストールトラッキングに関連する4つのKPIが表示されます。

  • [日/週/月]ごとのアンインストール数: インストール後の日別、週別または月別のアンインストール総数
  • [日/週/月]ごとの再インストール数: インストール後の日別、週別または月別の再インストール総数
  • アンインストール総数: 現在の日、週、月まで (当日を含む) を累積したアンインストール数
  • 再インストール総数: 現在の日、週、月まで (当日を含む) を累積したアンインストール数

3.6リアトリビューション再インストールとは

Adjustでは、再インストールをアプリ内イベントとみなします。再インストールはアトリビューションの手法には影響を与えません。つまり、再インストールが無条件にリアトリビューションとみなされることはありません。再インストールのセッションがアプリレベル、あるいはトラッカーレベルのリアトリビューション設定(reattribution settings)で設定した要件を満たす場合のみユーザーのリアトリビューションが行われ、リアトリビューションの再インストールが報告されます。

リアトリビューション再インストールの例

リアトリビューションのデフォルト設定:

  • 7日間アクティビティがなかった期間
  • 7日間のリアトリビューションウィンドウ

以下のようなケースが発生します:

  1. ユーザーがアプリをアンインストールし、合計7日間アプリ内セッションを起動しないケース (アンインストール前の期間を含む可能性あり)
  2. ユーザーがAdjustのトラッキングした再エンゲージメント広告をクリックするケース
  3. ユーザーが再インストールを行い、エンゲージメントの7日間以内にアプリのセッションを起動するケース
  4. Adjustがリアトリビューション再インストールを記録するケース

3.7サンドボックス環境でテストしたアンインストールがダッシュボードに表示されないのは何故ですか?

アンインストールのイベントはAdjustのSDKから発生しません。これらはAppleのPush通知サービスおよびFirebaseからのリクエストに応じてAdjustのバックエンドにて発生し、プロダクションとハードコーディングされた環境におかれます。

その為、アンインストールイベントはダッシュボード内のプロダクションデータに表示されることになります。レポートフィルターのサンドボックス モード からチェックを外すようにして下さい。

3.8どうすればAdjustからアンインストールや再インストールのアクティビティを受信できますか?

アンインストールまたは再インストールが発生したときにAdjustのリアルタイムコールバックシステム(real-time callback system)またはAmazon S3バケットインテグレーション(Amazon S3 bucket integration)経由で通知を受け取ることができます。

注意: アンインストールコールバックにおいて入手可能な広告IDはAdjustのデバイスID(ADID)のみです。アンインストールコールバック内、もしくはS3バケットCSVの定義に{adid} のプレースホルダを含ませて下さい。これにより、その値をシステム内の他の広告IDとマッピングさせることが可能となります。

リアルタイムコールバック用の手順書

Adjust管理画面内

  1. アプリに移動して、アプリオプションのカレット (^) を選択します
  2. すべての設定 > 生データのエクスポート > リアルタイムコールバック を選択します
  3. 以下のいずれかのそばにある編集 (鉛筆) アイコンを選択します:
    • アンインストール
    • 再インストール
    • リアトリビューション再インストール
  4. コールバックURLを入力し、ご希望のキーと値のペアを追加してコールバック経由で追加情報を受信します。以下は、アンインストール/再インストールトラッキングの直接関連するAdjustプレースホルダーです:
    • {time_to_uninstall}
    • {time_to_reinstall}
    • {uninstalled_at}
    • {reinstalled_at}
    • {last_session_time}

    説明付きの使用可能なAdjustプレースホルダーの詳細一覧(full list of available Adjust placeholders)を確認することもできます。

  5. 更新を選択します

Amazon S3バケットエクスポートの手順書

Adjust管理画面内

  1. アプリに移動して、アプリオプションのカレット (^) を選択します
  2. すべての設定 > 生データのエクスポート > CSVアップロードを選択します
  3. エクスポートするイベントを選択を選択します
  4. 以下のいずれかを選択します:
    • アンインストール
    • 再インストール
    • リアトリビューション再インストール
  5. CSVの定義では、アンインストール/再インストールトラッキングに関連する以下のプレースホルダーのいずれかを設定できます:
    • {time_to_uninstall}
    • {time_to_reinstall}
    • {uninstalled_at}
    • {reinstalled_at}
    • {last_session_time}

    説明付きの使用可能なAdjustプレースホルダーの詳細一覧(full list of available Adjust placeholders)を確認することもできます。

  6. 保存を選択します